ブログ

思い出の鍋

思い出の鍋

御写真の片手鍋の修理依頼をお受けいたしました。
お母様との思い出の鍋の取っ手の調子がおかしい、とお電話を頂き早速当社に郵送していただきました。


しっぽから

しっぽから


こちらにみえるネジが緩くなっていましたので、がっちり留めさせていただきました。


取っ手

取っ手

日本では物に神が宿るという「八百万の神」という考えがありますが、現代ではどうしても便利な新製品に目が行きがちですが、
思い出の品はお金では手に入れられない大切なものです。物を大切にするとともに一緒に過ごした時間も大事にしたいです。
修理が完了したことをお知らせしたところ、お客様に大変喜んでいただき、こちらもとても嬉しくなりました。
また何かございましたらご利用ください。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 8:00〜17:30)

電話番号:0835-22-9759